光脱毛のメリットは大きい

光脱毛

恋肌(こいはだ)は、脱毛施術方法として光脱毛(ひかりだつもう)を採用しています。


光脱毛は、レーザー脱毛から発展してきたもので、脱毛の原理も基本的に同じものですが、違う部分ももちろんあります。


光脱毛とレーザー脱毛の違いが、恋肌(こいはだ)のメリットにつながっていますので、そこはしっかり理解しておきたいところです。

光脱毛とレーザー脱毛の脱毛原理は基本的に同じです

光脱毛とレーザー脱毛は、ともに照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンを介して毛根部に伝え、毛乳頭の働きにダメージを与えることで脱毛効果を得ます。

光脱毛とレーザー脱毛の違いは照射する光のパワー

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、照射する光のパワーです。


レーザー脱毛の方が強いパワーの光を照射しますが、具体的には毛乳頭を壊すレベルの光の強さです。光脱毛では、毛乳頭の働きにダメージを与えるレベル(壊すまでは行かない)です。


レーザー脱毛は医療脱毛に分類されます

医療脱毛

レーザー脱毛は、強いパワーの光を照射するため、医療機関でないと取り扱うことができません。医療脱毛の一つです。


レーザー脱毛を取り扱う医療脱毛クリニックは、医師法の規定を受け、医師や看護師が常駐する医療機関である必要があります。このため、施術料金はどうしても高くなってしまいます。


出力が強い光を照射するということは、それだけ身体への負担も大きく、痛みが強いということにもつながります。医療脱毛クリニックでは、麻酔を使用するところも少なくありません。


もちろん医療脱毛(レーザー脱毛)にはメリットもあります。絶対的な脱毛効果は医療脱毛(レーザー脱毛)の方が高く、永久脱毛と呼ぶこともできます。

ただし、永久脱毛の定義は、「脱毛施術後のムダ毛再発率が20%以下の脱毛施術方法」となり、文字通り永遠にムダ毛が生えないというわけでは無い、ということには注意が必要です。


光脱毛はあえて照射パワーを弱くすることで大きなメリットを得ています

光脱毛は、レーザー脱毛から発展したものですが、光脱毛の発明には「レーザー脱毛ほど高出力でなくとも、脱毛効果は十分得られるのではないか?」というアイディアがあったものと思われます。


照射する光のパワーが弱いことは、身体への負担が少ないということにもつながります。具体的には、痛みが少ないということですね。


光脱毛は、医療機関でなくとも取り扱うことができるため、施術料金を大幅に安く設定することが可能になります。大規模な全国展開などは、医療脱毛ではなかなか難しいでしょう。


恋肌(こいはだ)は光脱毛を採用することで、多くのメリットを得ているのです。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)なんば店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!